読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ポケモンGOは正か誤か

ポケモンGO配信されましたね!

とってもとっても待っていたのでプレイできて本当に嬉しいです。

 

さて、ポケモンGOとはどんなゲームかといいますと本編ポケモンとは少し違った遊び方のゲームです。

そのため本家ポケモンが好きな人は「ん?」と思うところも多いものですが、本家を知らなくても遊べるゲームとなっています。

元のシステムはIngressというスマホゲームから来ているそうです。こちらはプレイしたことがないのでちょっとわからないのですが……。

 

GPSを使ってマップ上のポケモンを捕まえる、捕まえたポケモンを強化したり進化したりする、ジムと呼ばれる施設で戦う、ポケストップというポイントでアイテムを手に入れる……といった風にゲームを進めていきます。

 

ジムでのバトルは一定レベルから行えます。自分の所属するグループではポケモンのトレーニングと称してジムの名声を上げていけます。

名声を上げてジムを強くすると配置できるポケモンの数が変わったり、経験値を貰えたりお得なこともあります。

 

アイテムはポケストップと呼ばれるポイントから受け取れます。モンスターボールやきずぐすり、など冒険に必要なものが手に入ります。これらは一部リアルマネーで買うこともできますが手間が省けるくらいの気持ちなので無課金で延々遊べます。

ポケストップは街の色々なところに設置されているのでちょっと大きい街なら町内1周でかなりアイテムをゲットできます。

 

更にこのゲームのすごいところはスマホのカメラ機能を通して現実世界にポケモンを写し出すことができるところです。

捕まえたいポケモンが実際の道端に、ニャースが家猫の横に、目玉焼きを作っている横にポッポが……などなど、いろいろなシチュエーションでポケモンをカメラ越しですが現実世界に見ることができます。

この機能はオンオフが可能な上、写真に撮ることもできるのでポケモンとツーショット、なんてことも可能です。

 

ちなみにゴールは今のところありません……。サービス終了がゴールです。

 

海外では死体を見つけた人が出たり怪我人が出たり、指名手配犯が捕まったりなにかと話題になりました。

日本でも有名なコメンテーターが良いとか悪いとかワイドショーで語っています。

広島の平和記念公園をポケストップやジムから除外してほしいという要請もあったそうです。

事故が起きたりAR機能を利用してポケモンの写真を撮った人が腕を捕まれて警察沙汰……など問題点も多いことも事実です。

 

ポケモンGOは本当に問題だらけのゲームでしょうか?

 

これは完全に私の主観ですがポケモンGOの人気が出すぎて何でもポケモンのせいにしている部分もあると思います。

ARで写真が撮れるのなんて髄分前からですし、歩きスマホも運転中のスマホ操作もずっと前から問題になっていたことではないでしょうか。

ポケモンGO配信4日目関連事故36件、みたいな見出しを見ましたがスマホ操作が原因の事故は1日平均何件起きているのでしょうか。

平和記念公園をポケストップにするな、と言いますが誰でも立ち入ることのできる所に制限をかけるということはあんまりではないでしょうか。

大人も子供も日本の人も海外の人も皆が同じゲームで遊んでいることは平和そのものでは?

戦争が起こって、たくさんの人にたくさんの悲しいことが起こって、そこから今年で71年。日本で開発したゲームと海外で開発されたゲームが融合してたくさんの国や地域でたくさんの人たちが楽しく遊んでいる。

とても平和に感じますが。どうなんでしょうね。

 

ポケモンGOはとにかく楽しいゲームです。

たかがゲームと侮るなかれ。こんなに外に出るのが楽しいなんて。

しばらく私の暮らしはポケモンGO一色です。